★のらねこ奮闘記①

July 26, 2019

長雨が続いた梅雨も明け、今朝はようやく晴天に恵まれました。

 

今日はプライベートでも、この晴れ晴れとした気持ちでいっぱいの出来事がありました。

 

約2ヶ月にわたり、自宅の庭に住み着いた猫の家族を触れるまでにならし、今回はその内の2匹(下の写真)を動物病院に連れて行き、避妊、去勢手術を終え、今朝また我が家の庭へとりあえず無事に戻すことができました。

ただ今、里親さん絶賛募集中です!

 

手術を終えたネコの証、桜耳(耳の先を桜の花びらのように切ってもらいます)を見た時は、思わず「よく頑張ったねー」と胸が熱くなりました。

 

 

ここからは、私と自宅の庭に住み着いた野良ネコ家族のお話しです。

 

とは言っても、かなり長い文章になってしまいそうなので、不定期ですが少しずつブログで発信していこうと思います。良かったらお付き合いください。

ですが、動物やネコが苦手な方はどうぞスルーしてくださいね♪

 

 

「地域ネコ活動」という言葉をご存じでしょうか?

 

地域ネコとは、野良ネコが繁殖しすぎないようネコ達を保護し、避妊、去勢手術を受けさせてたり、排泄などのしつけをするなどして、特定の飼い主はいないけど、その地域のネコとして彼らが生きていけるように協力していく活動です。

 

今回の事で、相談、ご協力いただいた方は数知れず、ブログなどを見ていると同じ悩みで日夜奮闘されていらっしゃる方のなんと多いことか。

 

私も同じテーマで取り組み始めた者として、今までの経緯、これからの事をお話ししつつ、この活動に少しでも賛同くださる方が増えますよう願いを込めて、ブログを書いていこうと決めました。

 

 

 

我が家には14歳になる保護ネコがいます。名前はクーちゃん。

初代の保護ネコ、ミーは6年前、19歳で天寿を全うしました。

 

過去にも何度か窓辺で外を眺めている我が家のネコ達と話をしに、ノラちゃん達が遊びに来ていたのですが、その中の一匹が、この春突然4匹の生まれたばかりの子猫達を連れて来て、我が家の庭に住み着くようになりました。

 

 

これはどうしたものかと悩んでいると、次々に事件が起きます。

 

最初の事件はある日の明け方、悲痛な鳴き声が外から響いてきたので、まだ薄暗い外をベランダから覗いてみると、向かいのマンションの階段の手すりの上で、今にも落ちそうな様子でその子猫の内の一匹が鳴いています。

 

とうてい一人では上がれない高さの、しかも玄関はオートロックになっているマンションで何が起きたか理解できないまま、どうしても放って置く事ができなかった私は救助に向かい、大変な捕り物の末、無事助ける事はできたのですが、おかげで私は体中傷だらけ。

その後1ヶ月、通院治療をするはめになりました。

 

ちょうどその頃、イタリアで暮らしている娘が一時帰国するという事で自宅に戻ってきたため、今回の話をしていた矢先、またもや悲しい事件に遭遇します。

 

今度は夜、またまた子ネコの悲痛な鳴き声に気づき、あわてて娘と外に捜しに出ると、自宅のすぐそばにある川で子ネコが溺れているのを娘と二人で発見。

 

たまたま通りがかったご夫婦と協力して、何とか救出しようと頑張ったのですが、その時は無情にも間に合わず悲しい結末を迎える事に。

 

こんな事件が続き、もう二度とこんな思いはしたくないと最初に立ち上がってくれたのは娘でした。

 

長くなりましたのでこの続きはまたのブログにて…。

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

October 18, 2019

October 15, 2019

September 22, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索