サイレントクリスマス♪

先日の事です。

仲の良い友人と会話をしている際中に、ついお互いの事を想うあまり感情がヒートアップして、自分の考えを押し付けてしまうような場面になりました。

これ以上続けると、言葉で相手を傷つけ取り返しのつかない事になると感じ、その場は「お互い少し冷静になろう」とかろうじて踏みとどまる事ができましたが、その友人とは性格も生き方もそっくりで、お互いをまるで自分の事のように思う間柄でした。

まさに「和み」でいう所の「愛」と「愛」の気質がぶつかり合った瞬間でしたが、帰宅してモヤモヤとした気分の中、とりあえず思いつくまま「和みの手当て」を行うといつの間にかその感情を手放していました。

まさに「愛もすぎれば哀になる」を痛感した出来事でしたが、私にも友人にも必要な出来事だったかなと今は思えます。その後友人とは今まで以上に仲良しです。

毎日多くの心配を抱えて生活していると、自分でも気づかない内に心身のバランスを崩してしまいます。少し立ち止まって、自分で自分の身体に優しく触れてあげると、心も落ち着きやがてバランスが回復してきます。もしそんな場面に遭遇したらぜひ思い出してくださいね!

さて、クリスマスも近くなり、例年なら街も人も賑やかに彩られた景色や雰囲気に、思わずワクワクしてくる頃ですが、やはり今年はどことなく違います。

「静かに立ち止まる」といえば一昨日、日本医師会の会長さんが「今年のクリスマスはサイレントナイトで」と呼びかけられていました。もちろんこれは私達にできる大事な対策の一つと捉え、自宅で静かに過ごすグッズを自分用(笑)に購入してみました♪

向かって左の本は、犬・猫の保護活動を積極的にされている女優の石田ゆり子さんがおススメされていた「ショーン・タン」の「エリック」。内容は5分もあれば読める物ですが、イラストといい、お話の展開といい、ぐんぐん引き込まれるものでした。そして、最後には言葉に言い表せないくらいほっこりとして温かい気持ちで満たされます。この時期にぴったりの何度でも読み返したくなる本です。

向かって右側の本は、デザイナーであり音楽家でもある「新井リオ」さんの「英語日記BOY」。英語の学習法について書かれた本ですが、私も英語のプライベートレッスンを受けて1年半になり、英語日記も続けている所から、更なるレベルアップのために購入しました。英語学習といっても、その考え方や姿勢、生き方までもがとても参考になる本です。

そして本の後ろには、せめてものクリスマスカラーで「足元ウォーマー」を!体の不調は足元からとも言われます。元気で新年を迎えたいものですね♪

タイトルとURLをコピーしました