台風の被害は大丈夫でしたか?

昨晩は大型台風が過ぎ去った後の岩国初レッスン。

台風の最中は、ニュースで時折映し出される錦帯橋の様子をドキドキしながら見ておりました。

生徒さまから様子を知らせていただいたり、逆に私の住む広島の様子を心配くださってメールをくださったり、やりとりあったものの、皆さまのお顔を拝見するまではやはり心配でした。

でも次々と皆さまのお元気そうな笑顔を拝見するたびにその不安も払拭されて、本当に安堵したレッスンでした(^^)/

また、台風到来の直前に、のんきにも石垣島へ旅行に出かけた娘の事を心配くださって、沢山の方に「娘さん、大丈夫ですか?」とお声がけいただき、改めてご心配をおかけしましたm(__)m

おかげさまで幸いにも今回の台風は向こうには全く影響が無かったようで、毎日真っ黒に日焼けして楽しそうな姿で写真を送ってくる娘、旅行先でも溝に落ちて動けなくなった子猫を救出し、育ててくれる方を探して保護猫活動までして、やっと明日福岡に戻る予定です。まさに「親の心子知らず」とはこの事か…と(^^;)

さて前置きが長くなりましたが、本日は「和みのヨーガの効果」についてのお話です。

最近、先日のお月見ヨガに参加くださった方からご質問をいただく機会などもあり、すでに教室に通ってくださっていらっしゃる皆さまにも、改めてご自身の経験と照らし合わせてご理解いただけると幸いです♪(ガンダーリさんのメルマガより一部抜粋)

突然ですが、皆さんは「ミトコンドリア」って知っていますか?

ミトコンドリアは、私達の身体にエネルギーを与えてくれて、身体を修復してくれる大切なものです。

ミトコンドリアが正常に働いてくれるお陰で、私達は日々元気にくらすことができます。

そのミトコンドリアを活性化すると、身体は丈夫になり、心はストレスに強くなります。

では、どうしたら活性化できるのでしょうか?

ミトコンドリアは、酸素が大好きなんです(*⌒▽⌒*)

もちろん、私達は酸素なしには生きていけませんよね。(笑)

酸素を運んでくれるのは、血液なんです。

和みのヨーガは、その酸素を全身に送り届けるための手当て法です。

だから、和みのヨーガで血行を良くして、流れを妨げないように骨格筋を整えて、日頃使わない筋肉を活性化させると…

血の巡りが良くなり、ミトコンドリアに沢山の酸素を届けて、その量も増えていきます。

和みの手当ては、ミトコンドリアを活性化する方法といってもいいでしょう。

また、手当ての他にも、リードの中でより活性化する大切な情報もお伝えしています。

朝太陽の光を裸眼にいれるということ…こちらも、ミトコンドリアが活性化します。

沢山の酸素を、周りにある菌を入れずに身体に送り届ける為には、鼻呼吸をすることが大切です。

姿勢を良くして、呼吸を深くすることや、深い丹田呼吸をすることも…。

また、その他、ミトコンドリアの働きを弱めない方法なども手当てと共にお伝えしています。

腸の働きを良くすることや、冷たい水をがぶ飲みしないことなどです。ミトコンドリアは、低体温を嫌います。

身体を冷やさないことも大切ですし…、心のストレスもまた冷えと同じくらい低体温を招きますので、ストレスを溜めない、手放す手当てもお伝えしています。

実はこれらは、日常生活の中で365日やっていただきたいことなのです!

和みのヨーガは、週一回体操のようにやればいいというものではありません。

週一回一緒に行うのは、全身をトータルに手当てすると大きな効果があるのと、繰り返し行うことで、身体を整える習慣をつくっているという意味があります。

バランスを崩したら、それに気付いて自然にもとにもどせる身体をつくっているのです。

ストレスを感じても溜めずに手放せる心も育てています。

365日、どんなことが起こっても『大丈夫』と、安心していられる心とカラダをご一緒に育んでみませんか?

タイトルとURLをコピーしました