久々の活動報告&お願いです♪

桜の時期もあっという間に終わり、日中は半袖でも良いくらい暖かな気候になりました。

体も暑い夏に向けてそろそろ準備を始める頃ですね!

例年の事ながら春から夏に向かうこの時期は、ぎっくり腰のご相談が急に増えたりします⤴

その数は寒い冬より、今の時期の方がより多く感じてます。

4月後半の「美骨体操」のレッスンでは、「ぎっくり腰」にフォーカスし、予防改善する4つの体操を行います。

ご自宅でも行っていただきやすいように、できるだけシンプルに構成しましたので、慢性的な腰痛でお困りの方もぜひ続けて行ってみてくださいね!

そして普段、お身体の左右差を感じる意識は持てても、身体の前後差にはなかなか気づけないでいる方は必須!

胸やお腹をしっかり緩めたり伸ばしたりして、身体の前後差に気づきながら、身体全体をしっかりストレッチしていきましょう。

身体の左右差・前後差に気づく事はとても大切です。夏に向けて頑張っていきましょう!(^^)!

さて、ここからは私が個人的に活動している話題になりますが、どうかお付き合いください(^^;)

長くレッスンに通ってくださっている生徒さまには機会あるごとにお話ししてきましたが、数年前より動物好きが転じて、地域の「保護猫活動」をしています。3年前からは娘も加わって更にパワーアップしました(^^)v

活動内容は野良猫の餌付けから始まり、慣れた所で捕獲し、去勢手術後、里親さんを見つけたり、自然にリリースする流れですが、可哀そうな野良猫をこれ以上増やす事なく、人間と穏やかに共存できる地域づくりを目指しています。

言葉にすると簡単に言えてしまいますが、本当に時間と労力と根気の伴う活動です。でも全て終わった後に里親さんに大切に育てられている姿や、喧嘩でケガをする事もなく穏やかに暮らしている姿を見るのが何よりも嬉しく、また頑張れるのです。(ただの猫好きかも知れませんが…ww)

先週、その活動の大先輩(病院の院長先生をされていました)がご病気で亡くなられ、院を閉鎖する事になり、ご自宅や職場などで引き取ってくださっていた猫達の引き取り先を探しているとの連絡がありました。

その事を知った先生のお知り合いの方が何名か名乗りをあげてくださったのですが、一昨日の時点でまだ十数匹の猫たちの引き取り先が決まっていません。

長年、院で患者さんのアニマルセラピーにも貢献してきた猫達ですので、人慣れは完璧で(笑)、みんな可愛くて優しい猫達ばかりです。もちろん去勢済みです。(下は1歳から上は20歳までいます)

我が家にも赤ちゃんの時に保護した18歳の老猫がおり、先代の保護猫は19歳まで元気に暮らしてくれました。

動物を育てる事は、時に大変な事もありますが、それを何倍にもして私たちを幸せにしてくれるパワーがあると日々感じて感謝しています。

このブログを最後までお読みくださった皆さま、もしくはお知り合いの方でピンときた方がいらっしゃいましたら、どうぞ私の方までお問合せ、お声がけくださいませ。宜しくお願いいたしますm(__)m

タイトルとURLをコピーしました