「夏至」の候♪

昨日の広島教室のレッスン、施設に着くと入り口でスタッフの方が沢山のシャボン玉を飛ばしてくださっていました。

シャボン玉の向こうから「先生~おはようございます!」とスタッフの方がとびきりの笑顔で声をかけてくださり、何とも素敵なレッスンのスタートでした♪

昨日は「夏至」、1年で一番昼の時間が長くなる日、ここからは「陽」のパワーが「陰」のパワーに転じていく大事な時期なので、梅雨の時期でもある事から、ゆったりと過ごし体調を整えていきたいものです。

私はこの時期になると、無性に食べたくなる物があります。それは「冬瓜」。

子供の頃から祖母が作ってくれていた「冬瓜汁」を受け継いで、懐かしく作っては味わっています。

具材は牛肉に冬瓜とごぼうやキノコを入れるだけ。味付けは醤油にみりん、塩で味を整え最後に砂糖をひとつまみ。味が決まらなかったら「だしの素」を入れても。極力シンプルに、器に盛り付けたら仕上げに小口ネギをたっぷりのせていただきます。

「冬瓜」は体にこもった熱をだしてくれ、カリウムを多く含むので「浮腫み」を改善させる効果もあります。とってもおススメです。って何か料理番組のようになってきたので、話を戻します(笑)

6月から再開したレッスン、徐々にペースを取り戻してきました。

目下の課題は、これから本格的な夏を迎えるにあたっての暑さ対策です。

現在レッスン時は、どの教室も窓は全開放、エアコンをつけてまずまず問題なく行っていますが、問題は「マスク」。施設の規定では「運動時はマスクをつけなくても良い」といわれていますが、まだまだ用心にこした事はないので、皆さまマスク着用でレッスンを受けてくださっています。

私もフルに話ながらのレッスンなので、途中で何回か呼吸を整える時間をいただいていますが(^^;涼しく快適なマスクを探す「マスク難民」と化し、生徒さまが勧めてくださっている「フェイスシールド」を真剣に検討しようかと模索中です(笑)

そしてもう一つが、今までペアになって行ってきた取り組みを全てお休みしている事。あえて他の方に触れる機会は避けた方が良いと思っての事ですが、私自身は生徒さまからお悩みを伺った時、実際にお身体に触れてお話したいのをグッと我慢して行わなければならない事がとても残念です。

でも、ここが我慢のしどころですね!いいも悪いもあって当たり前。

皆さまとまた一緒にレッスンができている事。それだけで十分な幸せだとつくづく感じています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました