マスク下のちょっと怖い話♪

朝晩の冷え込みが一段と増してきました。

気づけばマスク生活も当たり前になり、レッスンでも夏場は特に暑さを回避する為に快適さを重視して、あれこれとマスク探しに奔走していた毎日が、今ではより抗菌性のある機能性マスクにスイッチしています。

マスクといえば、先日、美容家の友人にちょっと怖い⁉話を聞きました。

彼女は仕事柄、日々様々な方の肌と向き合っていますが、「最近は特にお顔のたるみを気にされる方が増えた」と言います。

彼女が言うには、マスクをしている時は口回りがしっかり保湿されているような気分になり妙な安心感がありますが、マスクをはずした途端、物凄い速さで水分が蒸発し、乾燥が起こっている事を私達は毎日何回も繰り返しているのだそうです。

そして、マスクの下では無意識レベルでお顔の表情が乏しくなってきており、顔の表情筋が使われなくなった事が一因で肌のたるみやしわが増したと言われる方も急増しているようです。

他にも時折聞きますが、マスク生活で女性のお化粧がとてもシンプルになり、化粧品の需要が減っていると…。私も思い当たることが多々ありますが(笑)ちょっとそこまでの距離ならマスクすればいいかとつい必要最低限で出かける事も確かに増えました(^^;

ただマスクは、今の私達には必要不可欠なワクチンに変わるもの。

様々な研究機関や科学者が「ワクチンよりマスクが最善の防御手段」「マスク着用で免疫力が向上」などとその効果を検証しており、「たとえワクチンができてもマスク着用の必要性はなくならない」とまでいわれています。

複雑な気持ちですが、これが今の現状かなとも思います。

ならば私達は自分自身でできる事、口回りのマッサージ(和みの手当てでもありますね)、表情筋を意識して動かす、マスクの下でも、笑顔を忘れない。→しっかり免疫力を上げていきましょう♪

タイトルとURLをコピーしました